ダブルスでは頻繁に使うと効果的特にダブルスではロブを頻繁に使うことで相手はロブを警戒しとかなければいけなくなりネットギリギリまで詰めることができなくなります。ロブを打ってこない相手だったらネットギリギリまで詰めてボレーでポイントを取ってください。

しっかりヒザを曲げるスライスロブでもトップスピンロブでも共通して言えることはしっかりとヒザを曲げて打つことです。一見簡単なショットに見えますが、コントロールミスした場合、アウトしてしまったり、相手にとってチャンステニスボールとなってしまいます。安定したショットを打つためには身体を横へ向け、しっかり踏み込んでヒザを曲げて打つ必要があります。

次の動作を考える相手に拾われたり、コントロールミスしてしまった場合、相手にとってチャンステニスボールとなってしまいます。そのため、打った瞬間に次にどこを守らなければならないか、どこに返球すればよいか考えておきましょう。

テニスはコートの上を走り回らなければならないスポーツである。上手なプレーヤー、強いプレーヤーになるほど、足が止まることはない。それに比べ、多くの人はテニスコートボールを打った後に足が止まりやすい。それは打ったショットが入ってるかどうか知りたいがために足が止まってしまうのです。入るかどうかは打ったときにもう決まってしまう。テニスボールを打ったら入ったかどうか気にするよりも、次に返ってくることを想定して、次の行動に移すことが必要です。フォアハンドでもバックハンドでも、打った後にラケットを振り抜きながら右足、あるいは左足を一歩前に出す。

そして、その足でコートを蹴って自分の構えるべきポジションに移動するようにする。テニスコートボールを打ち終わった瞬間には戻り始めているくらいのフットワークが理想です。相手が打ってきたテニスコートボールに素早く反応するためにはスプリットステップが必要です。スプリットステップとは相手がテニスボールを打つ瞬間に小さくジャンプすることです。ジャンプすることによって足の筋肉が収縮し、次の行動に早く移ることができるのです。一流のプレーヤーの足の動きを見ていれば分かるようにスプリットステップは誰もがやってることです。スプリットステップをするのとしないのと比べると、スプリットステップをするほうが一歩半遠くのテニスコートボールまで取りにいけると言われています。また、ストロークにしてもボレーにしてもスプリットステップをすることでリズムを取るようにショットが打てるので絶対にするようにしましょう。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。