左手でテニスボールを指すサーブもそうですがスマッシュも左手をテニスコートボールの方向へ指し、打つと同時に左手はお腹の方へしまうような形になります。テニスコートボールの方へ指さないとショットが安定しないので是非実践しましょう。

スイングは打点まで強力なスマッシュを打とうと最後までフルスイングで振ってしまいたい気持ちは分かります。しかし、打った瞬間にテニスコートボールはラケットから離れてしまうので振り始めからラケットに当たるまでスイングしてください。後はフォロースルーでラケットに任せるのがいいです。

打った後油断しないコートの端の方へスマッシュを打てた時や、強力なスマッシュが打てた時も油断してはいけません。試合では相手も必死なのですからポイントが決まるまではテニスコートボールから目を離さないでください。

アプローチショットとは、ベースライン付近からネットへダッシュするときに、前進しながら打つショットのことです。ベースラインの打ち合いから、いきなりネットにぴったりつけませんから、ネットプレーにもちこむために必要なショットです。アプローチショットを打つ時点でこちら側が優勢なのでミスしてしまうほど速い球は打たず、深く確実に入るテニスボールが理想です。アプローチショットは一般的にはスライスショットを多く使います。トップスピンは打つときに、いったん止まらなければなりませんが、スライスなら走りながら打てるので、すばやくネットにつけます。その他、スライスのアプローチショットには、いくつかの利点があります。スライスを打つときは、体重を上から下へ移動させるため、ネットについたとき、体勢が自然と低くなっているので、ボレーやスマッシュを打つ準備がすでにできています。また、スライスのテニスボールはバウンドしてから低くすべるように弾むので、相手はパスを打ちにくくなります。スライスを打つのでグリップはイースタンかコンチネンタルがいいでしょう。ベースライン付近で打ち合っていて相手のテニスボールが短いと思ったらすかさず前進しましょう。

走りながらラケット面を少し上に向け、ラケットヘッドが下がらないようにして小さめにスイングします。インパクト後も、そのままネットに向かって走り続け、ラケットも自分の狙った方向に押し続けます。ラケットを振らなくても、走り抜けることで、フォロースルーができているのです。このアプローチショットは、ラケット面がぐらぐらしないように、手首をしっかり固定し、押し出すように打つのがコツです。ベースラインで打つときのように大きく振ると、ラケット面が安定せず、ミスが多くなります。体勢は低くさせますがあまり激しく下げてしまうと打点がずれてしまったり、テニスボールが止まってしまうカットのようになってしまったりするので低くなりながらの気持ちで打ちましょう。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。