判断が遅れる特にボレーやレシーブで言えることですが相手が打った瞬間に判断しなければならないところで遅れてしまうのでショットの準備に間に合わなくなってしまいます。

分かっていても身体がついてこない目で前後左右を判断できていても身体は止まっている状態なので瞬時にスタートを切ることができません。

リズムが取れない一つ一つのショットはスプリットステップでリズムを取ることで安定したショットが打てるのです。逆にスプリットステップを行わないと思うようにリズムが取れず、ぎこちないスイングになってしまったり安定したショットを打つことができません。

シングルスで強くなるには常にコート全体に気を配ってなければなりません。打った後にどこに返ってきてそれをまたどこに打つかを頭で考え、ポイントごとに組み立てていかなければなりません。シングルスでもダブルスでも言えることですがやはり第一球目のサーブでそのポイントの主導権を握る必要があります。コートは広いのでサーブをワイドに打ち、相手をコートのはしの方へ追い出すのか、それともセンターへ打ち、リターンの返ってくる角度を小さくし、その次に攻撃に移るのかなど強力なサーブがあるほど組み立てができます。シングルスはコート全体を一人で守らなければならないので相手からのエースを恐れ、先手必勝ですぐにエースを狙いにいったりする人もいます。

もちろん確実に決まるのであればどんどん打っていったらいいのですが相手も必死です。たいていのショットは拾われてしまうでしょう。もちろんエースを狙いにいく時点でリスクがあるのでこちらもミスする可能性も高くなります。シングルスは一人で守っているとはいえ、一発で決められる球を持っていない相手だったらミスをせずとりあえず返しておくことも重要である。深くテニスコートボールを返しておけばいいものの、こっちも決められない状況で強打し、ミスをしていたのではあまりにもそのポイントがもったいないです。決まればポイントがもらえますがミスしても同じポイント取られますからね。ということは50パーセント決まらなければそこまで打つ必要はないということです。シングルスがダブルスとの大きな違いは常に一人で戦い続けなければなりません。おかしな動きをしていても誰からもアドバイスは受けられないし、自分で立て直すしかないのです。

ですから普段からフォームを固めておく必要がありますし、練習のときから自分で立て直す練習もしておかなければなりません。また、コート一面を一人で走り続けなければならないのでスタミナも必要になってきます。試合によっては3セットマッチ(片方が2セット取るまで)もあるのでスタミナ配分も考える必要があります。またメンタル面も非常にプレーにでてきます。ラケットを振り切らなければならないグランドストロークで振り切れずに、振り過ぎてはならないボレーでラケットを振りすぎる。決めたいという意識が、一般のプレーヤーの多くに逆の動作をさせていまう・・・など頭の中では分かっていても、緊張して思い通りにできないこともあります。ですので練習してるときに頭の中で実践をイメージし、自信をつけていくしかないのです。

ダブルスで強くなるにはペアとのコンビネーションが一番だと思います。コンビネーションが悪いと互いにテニスコートボールをお見合いしてしまったり、テニスボールのところへ2人とも行ってしまい、反対側のサイドがガラ空きだったりします。ダブルスは基本的に前衛にボレーヤーは1人、または2人ともいます。ボレーは打てる角度が大きいため、2人とも後衛だった場合、角度の大きいボレーに対応できません。守る範囲が一番少なくできるのは2人とも前衛の平行陣、次に1人前衛の雁行陣なので1人は常に前衛にいるようにしましょう。前衛にいる人はスマッシュを打てるようになっておきましょう。スマッシュが打てないと相手は苦しかったらロブ上げとけばいいと思わせてしまうので入る自信がなくてもミスをしてでも積極的に打ちにいきましょう。

弱いボレーでもミスしなかったら相手にはプレッシャーがかかります。ボレーが上手い相手にはパッシングショットで抜けることが少ないからです。苦しい球はなるべくミスをしないようにして、チャンステニスコートボールが飛んでくるのを待ちましょう。後衛についてですが打つときに前衛に比べて逆に角度がつけにくいです。なぜなら相手は前衛に人がいるので角度をつけても少し走るだけで打点まで届いてしまうからです。アングルショット、ロブ、ストレート、2人のど真ん中を打つなど色々打って相手に読まれないようにしましょう。ダブルスが強い人達はほとんどサービスキープをしています。

サーブで自分の好きなところへ打てるのでそれを返ってきたテニスボールを前衛が決める、あるいは自分も前へ出て平行陣で相手へプレッシャーを与えるなどサーブ側は自由自在にポイントの主導権を握ることができます。ですので逆を言うとサービスキープを継続的にできないとゲームに敗れてしまうのです。確実にサービスキープするにはサーブさえ入ればこちらの方が優勢になるのでそれさえならないダブルフォルトだけは避けてください。有利なサービスゲームで何もせずポイントを失ってしまうのは非常にダメージが大きいです。強いサーブが打てなくてもリターンで強打されないように相手のバックサイドへ入れておくのも攻撃の一つでしょう。大抵の選手はフォアハンドよりもバックハンドの方が劣っているからです。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。