スピード競技には、ダブルトラックレースとシングルトラックレースの2種類があり、シングルトラックレースの中には、室内リンクで行われるショートトラックレースもあります。

ダブルトラックレースは、1周400メートルのダブルトラックで行われ、オリンピックや世界選手権、全日本選手権など、主な競技はこのトラックを使います。

競技では、まず抽選で2人ずつが組み合わせられ、インコースとアウトコースを交互に滑ります。そして出場者全員が滑り終わった後、記録によって順位を決定します。この記録は、公式記録として認められます。

次にシングルトラックレースですが、これには1周400メートルのトラックと、室内リンクの111メートルのトラックで行われるものがあります。

シングルトラックレースの代表的なものに、国体があります。これは数名以上の選手が同時にスタートして競技するもので、予選の各組から決められた着順まで入った予選通過者で決勝レースを行い、順位を決めます。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。