キャーリングでは左足がアウト、右足がインエッジにのり、両方平均に体重をかけて滑りましたが、クロッシングでは、はじめて片足だけに体重をのせて滑ります。

クロッシングはスピードを落とさないで、交互に足を交差させ、円の外側に押しながらコーナーを滑る技術です。

練習ははじめは止まった状態から練習します。両足をそろえて立ち、左足のスケートを外側に倒してアウトエッジにのり、膝を曲げながら腰を落として左足に体重をのせます。

次に右足を氷の面から上げて、左足の前から交差させ、左足の外側に平行におろしてインエッジにのります。

そして、左足を交差した右足の内側にそろえておろし、膝を伸ばしながら最初の姿勢に戻します。これを繰り返し、練習してタイミングを覚えます。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。