氷の上を歩いたことで氷に慣れ、恐怖心も少なくなったと思います。いよいよ滑る練習に入ります。

前進とバックでは、滑る位置が違います。前進、バックとも、カーブする場合はインエッジとアウトエッジを使い、直進の場合はフラットで滑りますから、滑るところは全部は6つです。ですので滑っているときは、どこで滑っているかということを常に考えて滑ることが大切なのです。

ただむやみに滑っても上手になりませんので、考えてスケートをすることを第一にしましょう。

自然滑走は正しい基本の姿勢で立って、体重を両方のかかとの平均にのせ、そのままの姿勢で上体を横にゆり動かします。

体重を左足のかかとに乗せると、右足は氷の面からやや浮くように離れます。このように上体を左右にゆり動かしていると、はじめは止まった状態ですが、浮き上がるブレードはわずかでも、インエッジで氷を自然に押しながら氷から離れます。

そのため、体重ののったほかの片方の足は、少しずつ滑り出します。このとき、おなかから上だけを横にゆり動かすと、体重は両方のかかとに乗ったままになり、いつまでたっても滑りださないので注意しましょう。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。