ゴルフ初心者であっても一番扱い易いクラブ、それがパターでしょう。パターゴルフをやったことある人ならすでに打った経験もありますからイメージもつかみ易いと思います。パターほど様々な形状のクラブが売られているものはありません。それだけ神経質になるクラブであり、パッティングが重要だということです。

パターを打つ時のボールの位置ですが、目の真下かそれよりやや左に置くのが正しいボールのポジションです。テイクバックの距離とフォロースルーの距離がほぼ同じになるようにし、ゆっくりとしたテンポでイメージどおりボールをターゲットに転がす意識をもってストロークします。

カップとグリーン上止まっているゴルフボール位置間の距離・高低・傾斜を考慮した、カップまでのラインイメージを、頭に描きましょう。カップインラインイメージでの、距離感・高低差を意識した強さにて、ゴルフボールをヒットします。パターでのインパクト強弱は、重要です。

カップインラインイメージでの、パターアドレスをするまでに、インパクトイメージを、ラインイメージ同様に、脳内イメージとして持ちましょう。パターでのゴルフボールインパクトは、パタースイングに加え、パターセンス、パターフィーリングが、最も重要です。

ロングパットが苦手な人は、ボールを打った後パターのヘッドで転がるボールを追ってみましょう。こうすると、頭がインパクトの位置にとどまっていないとこのフィーリングは出ないことに気付くはずです。

パットのときは、頭を動かさないようにすることが大切です。頭を動かすと、当然ラインは狂ってしまいます。頭を動かす癖のある人は、壁に頭をつけたままパット練習をするとよいでしょう。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。