ドライバーやスプーンは、飛距離を稼ぐためのクラブですが、そのために飛ばそうと思い、余分な力が入りやすいクラブとも言えます。ティーアップの高さは、ヘッドの厚みよりボールの3分の1ぐらい上にでる高さが標準とされています。

ウッドショットの打ち方についてですが、ヘッドは地面に置いて構える人が多いですが、体重がヘッドがわにかかってしまうとつま先よりの過重になり、バランスを崩しやすくなります。だからヘッドはわずかに浮かせてソールするように習慣付けましょう。

背中を伸ばし胸をはり背骨が軸になりやすいようにします。ボールの位置は左足かかとの延長線上にくるようにおきます。これはスイングの最下点をちょっとすぎたとこで最も距離の出るポイントだからです。

ウッドショットとアイアンショットとの最大の違いはスイングのイメージが横振りであることです。肩を水平にまわし、左肩を自分のあごのほうへともってきます。そして思い切りよく大きく振りぬきます。コツは大胆に打つことで中途半端に力を抜いて方向性を重視したりするよりいい結果になります。

ウッドショットのアドレス時の注意点ですがクラブヘッドはボールからヘッド一つ分離して置き、フェースを目標に正しく向けます。

フェースとシャフトの向きを変えず、スタンスを広げます。グリップの位置はほとんど身体の中央になり、グリップエンドがおへそくらいを指すはずです。これがスイングの最も低いところよりも少し前でインパクトするためです。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。