オンプレーンとはバックスイングからフォロースルーまでの間クラブの軌道が一枚の板の上で行われているように見えるスイングのことを言います。

このオンプレーンスイングはボールにパワーを伝える1番効率が良いんです。

テークバックするときに左ひざは前、つまりからだから遠いほうに出ていないでしょうか?普通の人間で何の予備知識もなければこうなります。これがオンプレーンを阻害しているんです。この反動でダウンスイングがアウトサイドから下りてくる原因となるのです。また、上半身を回しているようで、実はねじれてはいない。従って飛ばないということになります。

テークバックのとき、左ひざは右ひざに寄せていきます。こうすれば、テークバックでインサイドに上がらず、上半身もねじれます。プロのスイングを見ていてもなかなか気が付かない部分ですが、この膝の動かし方が、ゴルフの上達の一つのターニングポイントになるのです。

オンプレーンは、上達するために大事な要素ですが、ではどうすれば面に沿って振れるのかです。まずは、そうなりにくい人間の身体の特性があります。右手が利き腕なら、どうしても振り上げるときにあるいは振り下ろすときに、どうしても右手に力が入ってしまいます。そうするとアウトサイドインの軌道になりやすくなります。

また振り下ろすときに右手に力が入りすぎると、8の字を描くスイングになりやすくなります。これがつまり、オフプレーンになっているわけです。

オンプレーンスイングを実現するには、何と言っても最初のテークバックが最も重要。ここでプレーンから外れると身体の動きに歪みが生じるため、合わせて打つという打ち方になってしまいます。逆に最初さえ抑えれば、あとは何もしなくてもいいのです。ゴルフスイングは初めさえよければ全体のバランスも取れて良いのです。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。