バックスイングとはアドレスした後、ボールを打つために、体を回転させながらクラブを引き上げていく動きのことです。一般にバックスイングが上がりきったところをトップと呼んでいますが、アマチュアの大部分はトップの位置で動きを止めるのが正しいと誤解されてると言われています。下半身始動で正しくボディーターンすれば、腰が回りきったときは、まだ肩から先はバックスイング方向に動いていると言われ、反対にクラブが上がりきったときには、腰はすでにダウンスイング方向に動き出していると一般に言われています。

バックススイングを始動させるには、クラブヘッドから、もしくは、左肩からなどいろいろあると思いますが、イメージとしては体全体を動かしていく感覚が大切です。ゴルフのスイングは、体全体を使いますのでバックスイングの始動も体全体を意識してスタートさせるほうが、スムーズなスイングをすることができます。

クラブを手で挙げていては力強く振ることは出来ません。始動する際に腕の力を使ってはいけません。腕はクラブを支えているだけです。始動する際に背中の筋肉を意識してみてください。そうするとクラブが驚くほど軽く感じられるはずです。腕の筋肉の大きさと背中の筋肉の大きさを比べれば一目瞭然ですね。背中の筋肉を使えば体全体で振ることが出来るようになるはすです。

飛距離を伸ばすゴルフスイングのポイントは、トップオブスイングからダウンスイングへの切り返しにおいて、下半身から動かすことです。バックスイングでは、右ヒジを支点に上腕がなるべく上体から離れないようにクラブを上げるクセをつけて下さい。

左肘を曲げたり、手首だけでスイングしてはいけません。手首だけでスイングするほうが非常に楽なのですが我慢して、左腕を伸ばしたままで肩の高さまで大きく上げてください。そうすれば、左肩が入ってきて、身体がねじれてきます。

フォロースルーでも左肘を引いたり、曲げたりせず、伸ばしたまま、クラブを目標方向にほおり出すつもりで、両腕をしっかり伸ばします。バックスイング時の右ひざは非常に重要です。ここにパワーを溜めます。しかし、体重移動の際に右ひざが右に流れてしまうとパワーを溜めることが出来ません。バックスイングの際にここに張りを感じるように振りましょう。この張りを感じることが出来たときは体重移動がうまくいきパワーが溜まっている証拠です。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。