グリップには、色々な種類がありますが、みなさんに勧めたいのはやさしくスイングできて、狂いが少ないオーソドックスなグリップ、つまりオーバーラッピングのスクエアグリップです。

クラブのグリップは左手人差し指から小指にかけて斜めに通してください。簡単に言うとグリップは「てこの原理」です。

「てこの原理」を使うことで腕に力を入れることなくクラブを持つことが出来ます。グリップはクラブが手のひらを横切るように握ります。そして、支点は人差し指の第二間接辺りです。

クラブを持つ感覚は支えている感覚や引っかかっているような感覚の方が分かりやすいと思います。

そして、これに右手を添えてやればグリップの完成です。グリップの力加減はクラブを支えるのに必要な力だけです。

親指をシャフトの真上に乗せてください。親指をシャフトの横に外してはいけません。シャフトの真上に乗せておくことによって、最もクラブの重みが手にかかるトップで、楽にクラブを支えることができるのです。

左手甲が、目標ラインと直角にします。スタンス、膝、腰、肩が目標ラインと平行。クラブフェースが目標ラインに直角にきちんと向き、左手グリップの甲がその4つのラインと直角、つまりフェースの向きと同じであること。これが目標に真っ直ぐ飛ばすことが、一番やさしくできるスクエアグリップ、スクエアアドレスなのです。

右手は左手と同じように、右手人差し指から小指にかけてシャフトを斜めに通して握ってください。

グリップの力加減はクラブを支えるのに必要な力だけです。例を挙げるとしたら「両手の中に小鳥を捕まえている」くらいだと思います。しかし、必要以上に握り締めているゴルファーが非常に多いです。これでは、クラブのしなりをうまく利用できないためヘッドスピードの低下につながります。

正しいグリップを覚えると正しい姿勢で打てるようになります。グリップとスタンスは一体感があり、グリップがおかしくなってもスタンスがおかしくなっても両方がおかしくなってきます。

グリップが少しおかしくなったとき、ボールに握手するつもりで、手を出したとき、手首に余計な力が入りません。その状態のまま握れば、正しい構えと正しいスイングがしやすくなります。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。