タカタ製のエアバック、リコールしないと車検通らないぞ!

スポンサーリンク

今日はタカタ製のエアバックのリコールの話。

2017年8月30日に国土交通省がタカタ製のエアバッグの新たなリコール改修促進策を発表しました。

それによると、

平成30年5月以降タカタ製のエアバックのリコール改修が済んでない場合は車検を受け付けないようにするそうです。

 

これまでもリコール改修は進めていますが平成29年7月で回収率は78.1%

約410万台が未回収のままだそうです。

 

 

では実際にどのような感じになるかと言えば以下の通りです。

 

2.未改修車両を車検で有効期間を更新しない措置の概要

(1)対象範囲
施行日までに車検時に警告文を交付するなど既にユーザーに対して改修の必要性について周知している、平成28年4月以前にリコール届出されているものであって、異常破裂する危険性が高い特定のインフレータを使用したエアバッグを搭載した未改修車(以下「措置対象未改修車」)を対象範囲とします(約170万台)。
詳細は、別紙1のとおりですが、お持ちの車が今回の措置の対象となるかの確認は、別紙2に掲げる自動車メーカーにお問い合わせ下さい。

(2)措置の方法
[1] ユーザーやディーラー以外の整備工場は、自動車メーカーがHPに構築する検索システムを活用し、車検を受けようとする車両が措置対象未改修かどうかを確認します。該当する場合には、ディーラー等にて改修を行った上で車検を受けることになります。
[2] 車検申請を受けた運輸支局等においては、自動車登録検査業務電子情報処理システム等を活用して、措置対象未改修車両の場合は車検で有効期間を更新しないこととします。

 

国土交通省の報道発表資料はこちら

 

ディーラで購入してるとDMが届くのでリコール対象かはわかると思います。

点検・車検の時にもリコール対象なら声をかけてもらえることもあると思います。

ただ、ディーラーと一切かかわりのない人や中古車などでDMが届いてない人などは注意が必要です。

国土交通省の発表をみる限りでは、対象になるのは未回収の約410万台のうち約170万台が対象になるようですね。

 

自分の車がリコールの対象じゃないのかな?と気になる方は以下のサイトから検索できます。

車体番号の入力などが必要なので車検証を持ってきて検索してください。

 

もしリコール対象の場合はディーラーさんに連絡して予約をしてから回収作業してもらいましょう。

マイカー(70ノア)は助手席側のエアバックがリコール対象でした。

既に済んでいますが、ダッシュボードを半分ほど浮かさないと助手席エアバックが外れないので整備士の方は大変そうでした。

当時は、パーツの供給が遅れてて順番にDMを送ってたそうですが、たまたまオイル交換で訪れた時にリコール対象だと教えてもらってDM来る前に作業してもらえました。

今現在、対策部品の供給が間に合うのか知りませんが、リコール対象なら早めに連絡して作業してもらいましょう。

参考になったら一発クリックお願いします!!クリック⇒
「いいね!」「ブックマーク」等もよろしく・・・


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ