自動車保険について

人によっては毎日乗っている人、仕事で乗っている人、時々買い物で乗る人など利用目的によって乗る頻度の変わる車。自動車免許証を持っている人であれば車を運転する場合、自賠責保険と任意保険の加入が義務付けられています。自賠責は車検時に一括で一定金額を支払いますが、任意保険は種類も特約も料金形態も星の数ほどあり、非常にわかりにくいのが特徴です。

またこの任意保険でも代理店経由で契約を行う保険と、代理店を介さないダイレクト保険。また農協や全労災で取り扱っている保険によって月々の保険料や、保障内容に差があります。運転技術に自信のないドライバーはどの保険に加入すべきなのでしょうか?運転スキルが低ければ当然、事故を起こすリスクはあります。しかし年に数回しか運転しない初心者ドライバーと、毎日運転する初心者ドライバーでも保険料には差があります。この差はどんなところから生まれるのでしょうか?そして運転技術に自身のある人はどの自動車保険に加入したほうがお得になるのでしょうか?

 

運転技術のある人でも過去に事故経験のあるドライバーと全くの無事故で運転してきた人とでは、事故を起こす可能性が大きく異なります。そしてそれは最終的に保険料や特約の違いに反映されるのです。今回は保険会社視点ではない、ドライバーの運転スキルと万が一の時の問題解決能力を基準にした自動車保険選びのポイントをご紹介したいと思います。ちなみにここで言う問題解決能力とは、事故を起こしたときの示談交渉を指します。故障などのトラブルではありません。自動車保険の内容によってはこの示談交渉を加害者が自ら行わないといけないものもあります。

そういったスキルがドライバーにあるかどうかも実は保険料に大きく関わってくるのです。コラムの後半は極めて高い交渉力を要求され、またトラブルを自己完結できるかどうかが試される通販型自動車保険についてお話していきたいと思います。通販型自動車保険の恩恵を受けるドライバーと恩恵の受けないドライバーの違いについてお話していきたいと思います。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。

ページの先頭へ