今日は自動車保険の話の続きです。

前回お話したように通販型自動車保険は一括見積もりも短時間で済みますし、また年間の支払う保険料も非常にお得なのが最大のメリットである反面、デメリットもあります。

carinsurance (29)

具体的には次回お話ししますが、この通販型自動車保険のデメリットとしては、

最初から最後まで1人の担当者で対応しない事。そして事故対応時の案内が画一的で頼りない事。

通常の代理店経由で契約した自動車保険の多くは必ず、代理店の担当者が事故調査を行い、それを保険会社に連絡するといった流れで、役割が分担されており、保険の契約者が直接事故処理に時間を費やすことはありません。

また被害者からの必要以上の損害賠償の要求に対しても、被害者と加害者の間にいろんな事故現場を見てきた専任の事故調査担当者を噛ませることで、中立的な事故原因の検証をすることができる為、仮に高圧的な補償を求められたとしても客観的な見地からで事実の分析があれば、その要求は認められない場合もありますので、極端に被害者優位という状況が作りにくい状況になりますので、中立に公正に損害賠償請求手続きは進められます。

ところが通販型自動車保険はそうはいきません。

通販型自動車保険の最大のデメリットとはズバリ、

全ての諸手続きを自分自身で行っていかなくてはならない

という事で、それは例え事故を起こした場合であっても事故処理は自分の手で進め、被害者との示談や入院費の保証等も自分で行わなくてはなりません。

今日はここまで・・・




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。