今日は自動車保険の話の続きです。

今日まで何回か説明してきたように、通販型自動車保険の特徴はとにかく非対面であるという事。選任の担当者が居ないという事。

したがって保険会社はあまり充てにはならず、基本的に全て自分自身で事故解決していかなくてはならないという事がお解かり頂けたかと思いますが、実は対物、対人事故以外にも車には様々なトラブルが付きまといます。

バッテリー上がりやインロックは日常茶飯事。エンジントラブルも多く、エンジンがかからないとか走行中に異音がする。またブレーキの効きが悪い、運転中に時々ハンドルが取られるこういった車のトラブルは誰でも一度や二度は経験した事があるのではないでしょうか。

通常はJAFに連絡をして技術員を派遣してもらったり、または現場まで来てもらうなどすると思うのですが、別にJAFじゃなくても保険会社に連絡する事で解決する場合もあります。

carinsurance (32)

保険契約者の中には保険会社にお願いすると等級が下がるのではないかとか、別途工賃や派遣費用を請求されるのではと心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、整備工場に持って行って整備するようなことでもない限り費用は発生しません。

また自動車保険サービスの範囲内で行える事であれば無料で対応してくれますので、エンジンがかからないとか、動かないのは少し困り物ですが、運転中ハンドルが取られる、または運転中エンジンからの異音等であれば、車の整備工場から整備士を現地まで派遣してもらえますので、遠慮なく保険会社へ連絡を入れましょう。

今日はここまで・・・




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。