今日は自動車保険の話の続きです。

自動車保険の選択基準は人によって、また求める保障内容によって異なってきますが、賢い自動車保険を選ぶポイントとして、保険のほとんどは毎月の保険料が安いものは、保障内容が薄い傾向にあり、一方で保険料の高いものは保障内容や事故対応が手厚い傾向にあります。

従って自動車保険の選ぶポイントを話す前に、まず契約者が事故やトラブルを起こす可能性を考えるようにしましょう。

もし事故やトラブルに対して自分自身で解決できないようであれば、保障内容が充実した対面型契約タイプの自動車保険が良いでしょうし、逆にいかなるトラブルも自分自身で解決していけるだけのノウハウがあるのであれば、月々の保険料が安い通販型自動車保険が良いでしょう。結局のところ保障内容が保険会社によって充実しているかどうかではなく、契約者が保険会社を利用する可能性を最初は考えなくてはなりません。

carinsurance (11)

確かにフリートやノンフリート、自動車保険の等級や免許証の色で保険会社から受けられる保障内容に差はありますし、また保険会社によっても保障内容や月々の保険料に差がありますが、根本的に運転する機会が少ないとか、ハンドルをあまり握る事がない、つまり車のトラブルに巻き込まれる頻度が少なければそれだけ自動車保険にかかる費用も軽減できます。

ですからまずは一ヶ月何回ハンドルを握るのか?また年案走行距離がどれだけあるのかを算出して、契約者が現時点でどれだけ車に依存した生活を送っているのかを知ることが、自動車保険選びの第一歩になるのです。

今日はここまで・・・




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。