今日は自動車保険の続きの話です。

自動車保険を安く済ませたいし、保障内容も充実させたいけど、そんな都合の良い自動車保険はなかなかありません。そこで、保障内容にちょっとした工夫をすることでちょっとだけお得に自動車保険を組む事ができます。

根本的に自動車保険や損害保険というのは、保障内容の中にある特約を別途申し込むことで、想いもよらぬ便利なサービスを受ける事ができます。

言い換えるなら自動車保険は保障内容以上に特約が重要であるといえるでしょう。

たとえば自分以外の人がハンドルを握って事故を起こした場合、その契約者以外も保証の対象にするとか、予期せぬ風水害、または地震等で車が重大なトラブルに巻き込まれたとき、その車の損害を補償するような車両危険限定担保特約といったもの。

または事故を起こした時、自分に代わって事故対応を行ってくれる弁護士費用担保特約といったものまで様々存在します。

carinsurance (15)

自動車保険の特約とは、ご覧のように医療保険の特約や生命保険の特約と全く同じ考え方で、保険の保障内容のほかに個別に特別な契約を結ぶ事で、事故をした時に受けられるサービスです。万が一、事故に遭遇したときこういった特約を結んでいた事によって非常に救われることもあります。

この特約を結ぶときのポイントは、

車を運転している最中にどんなリスクが起きるかを予測する事

で、例えば契約者以外の人が運転をする機会が多いのであれば、臨時運転者特約や家族運転特約をつけるべきですし、また車両が古く運転中に万が一、車が動かなくなりレッカー異動や、宿泊費などが発生することが予め予測されているのであれば事故付随費用担保特約なども入っておくと良いでしょう。

今日はここまで・・・




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。