今日は自動車保険の続きです。

皆さんが自動車保険を選ぶ際にやはり最も気になるところは、毎月の保険料ではないでしょうか?

理想を言えば月々の保険料も安くて、保証内容も充実しているに越した事はありませんが、なかなかこんな条件の良い自動車保険はありませんし、仮に本当に月々の保険料も安く、保障内容が充実している自動車保険商品があれば、それはそれで怪しい保険じゃないかなと思いますね。

では自動車保険料金を安くするための方法にはどうしたら良いのでしょうか?

まず、自動車保険の性質から考えると、自動車保険がその存在を前面に出すのは交通事故をした時です。交通事故の時に保険会社の担当者が事故対応をしてくれるのか、若しくは自分自身で事故対応をしていくのかで月々の保険料は大きく変化します。
自分自身で事故対応をしていくというのは、保険会社の担当者を介さず、弁護士も立てず、全て自分ひとりで処理していくということで、これは大変な精神的重圧と、想像を絶するストレスの中で事を進めていかなくてはなりません。

つまり保険会社の事故処理担当者を立てずに済む為、月々の自動車保険料が安くできるのです。

carinsurance (19)

これを通販型自動車保険と呼んだり、ダイレクト型自動車保険と呼んだりします。最近では外資も参入し、アメリカンホームダイレクトやチューリッヒなどもこの損害保険事業に参入してきており、毎月の保険料金の安さを背景に、じわりじわりと顧客数を増やしています。

実際にどのくらいの保険料になるのか見積もりをする必要がありますが、面倒な見積もりが一括でできるサービスも存在しています。自動車保険料金を安くしたならこのようなサービスも利用しましょう。

【ズバット自動車保険比較】自動車保険の無料一括見積もり依頼サービス

今日はここまで・・・




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。