今日は自動車保険の話の続きです。

自動車保険の保障内容の対物対人は無制限で!

これは自動車保険契約をする上では当然です。対物に関しては億単位で制限をかけても良いのかもしれませんが、対人であれば無制限であるのは今では常識です。

また保険会社が用意している自動車保険商品も殆どが対物対人無制限になっているのが一般的で、そこに制限をかける保険商品を探すほうが難しいくらいです。

ところが、これから自動車保険を契約する人の中には事故を起こすリスクより、車が故障して動かなくなる可能性のほうが高いからと、事故を起こした時の補償額に制限をかけ、手厚いロードサービスが付帯された自動車保険を選ぼうとする人も中にはいます。

確かにこの方が対物対人に制限がかけられることで月々の自動車保険料が安くはなりますが、これだと万が一交通事故になった時の保証が一部しか支払われる事ができず、残りは全額契約者で支払うという事になりかねません。

もし物損事故で民家に突っ込んで多くの死傷者を出すような大惨事が仮に起きた場合、保障内容を無制限にしておかないと、莫大な補償額を請求される事になるのです。

carinsurance (25)

したがって自動車保険の保障内容である、対物対人のところは必ず無制限にすべきで、月々の保険料は上がるかもしれませんが、万が一の時には本当に役に立ってくれるものです。

自動車保険とは保険料を支払っている時は何かと負担に感じる事もありますし、出来れば払いたくないのがドライバーの本音なのですが、事故を起こした時に始めて、契約者を全力で守ってくれるのも自動車保険ですから、最悪の事故を想定した時の保障内容に制限を設けるべきではないでしょうね。

今日はここまで・・・




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。