今日は自動車保険の話の続きです。

物損事故でも対人事故においてもJAの損害保険は頼りなく、相手が故意に当たってきたような場合だとかなり高い交渉力を要求されるため、担当者によっては被害者との示談に負けてしまう事があります。

また物損でもコンビニに突っ込んでお客さんや店員さんに怪我をさせてしまったという状況であれば、さらに話しは複雑化しより高度なスキルが要求されます。

示談とは本来間に中立的な立場の人をかませて行わなくてはなりませんが、加害者側の担当者が示談という極めて高度な駆け引きの経験が少ないと場合によっては負けてしまうことは大いにしてあります。

carinsurance (9)

確かに見方を変えれば事故を起こして相手に怪我をさせたのは加害者側ですから、本来であれば代理人や事故調査員など立てずに自分で全ての処理をしていくのが筋かもしれませんが、どうしても被害者が納得しなかったり、または後遺症を患ったという重大な局面を迎えると、そうもいかないのが交通事故というものです。

従って示談経験が少なければ経験豊富な人に依頼したいところなのですが、ただ農協の場合はやはりもとが金融機関の職員という事もあって、生身の人間どうしての駆け引きが苦手な人が多いのが実情です。最近でこそかなり状況は改善され、保険業界から転職者を積極的に採用するなどの動きはありますが、まだまだJAの自動車保険は他社の損が合い保険と比較して弱いところがあります。

JAの自動車保険は掛け金がリーズナブルで、入りやすい良心的な保険なのですが、事故を起こした時に担当者に何か大きな期待を抱くと痛い想いをする場合があります。

今日はここまで・・・




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。