今日は自動車保険の話の続きです。

もし交通事故が起きて被害者との間で示談が成立しない時、最終的には裁判という流れになってくるのですが、この裁判のときになんらかの形で自分にとって有利な条件に持っていってくれるのが弁護士特約をつける最大のメリットですね。

もし弁護士特約をつけないと、最終的には警察が紹介する弁護士を雇わなくてはならなくなります。

carinsurance (22)

ただ警察が紹介する弁護士には当たり外れが多く、弁護士であるという前提には変わりないのですが、中には交通事故処理の訴訟に不慣れであるとか、全くのはじめてという弁護士がやってきたりもしますので、そういった部分では警察が紹介する弁護士の質というのは不安ですし、問題を感じます。

出来れば事故対応に長けた弁護士が良いですし、そういった弁護士を事故処理に送り込んでくれるのがこの弁護士特約というサービスなのです。

対物であれば事故処理は円滑にいくかもしれませんが、対人となると拗れることが多く、それを加害者1人で抱え続けるのは精神的に限界があります。

困ったときは警察に相談するから問題ないという人も中にはいますが、警察官は基本的に事故処理を流れ作業で行っていく職業の方々ですから、例え本当に困っていたとしてもあまり力になってくれる事はなく、警察の紹介する弁護士も頼りにならない弁護士が多いのが実情です。

従って自動車保険のリスクの分散という面で見ても月々の特約費用を支払う事で弁護士を雇えるのであれば、交通裁判の専門家である弁護士を間に噛ませることはとても重要であるといえます。

今日はここまで・・・




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。