今日は自動車保険の話の続きです。

自動車保険契約をする際に、ほとんどの保険証券が上のほうに太い文字で、フリートもしくはノンフリートとかかれてありますが、現在、自動車保険契約中のあなたはご存知でしたか?

自動車保険の基本的な部分ですのでこの2つの違いは知っておきましょうね。

まず、自動車保険はプライベートで運転するのか、または仕事で運転するのかによって月々の保険料が変化します。

仕事で使っているのであれば、自動車保険証券の表記はフリートという表記。一方で仕事では使わない、完全プライベートでの利用ということであれば、ノンフリートという表記になっているはずです。

carinsurance (24)

なぜこのフリートとノンフリートという表記をしているのかと言いますと、単純に走行距離の違いであり仕事などで運転する場合に比べ、走行距離の短いプライベートドライブのほうが自動車保険の月々の料金は安くなり、頻繁に車を運転する人はそれだけハンドルを握っている時間が長いため、事故を起こすリスクが高いので、月々の自動車保険の料金は高くなります。

そしてつまりフリートやノンフリートというのは、自動車保険契約の大分類的な意味をもっており、ここからさらに運転者の等級や、免許証の色、または年間走行距離等で細かく保険料が変化していきます。

これまで気にはしていたけど、あまりよくわからなかったこのフリートやノンフリートという表記は、ドライバーの運転技術に関するものではなく、事業用かそうじゃないかの違いだったのです。

今日はここまで・・・




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。