C26セレナにドライブレコーダー取り付け

スポンサーリンク

C26セレナにドライブレコーダー取り付けの話

 

ちょっと前にやった作業です。

 

最近、ドライブレコーダーが話題なのでちょっと書いておきます。

 

 

前の方のセレナなのでドライブレコーダーやレーダー取り付け、アクセサリー電源なんかで検索すれば色々出てくるかと思います。

 

日産の場合は、オプションの茶色カプラーが運転席周辺にあるのでアクセサリー電源(IG電源)は比較的簡単です。

 

C26セレナの場合もハンドル右側にあります。

 

ハンドル下のパネルを外します。

 

 

ボルトを外して引っ張るだけ。

 

 

この茶色カプラーにバッテリー電源、車速、イグニッション電源、パーキングの4本あります。

 

 

線色は車種によって変わってるかもしれないのでテスターで調べてください。

 

 

今回のC26セレナは水色がIG電源です。エンジン掛かってるとき電気流れます。

端から2番目。

 

ここにドライブレコーダーの電源を接続。

 

今回は裏取りなので、シガーソケットを隠します。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エーモン工業 2309 プラグロック電源ソケット 【DC12V・24V車用】
価格:550円(税込、送料別) (2017/11/6時点)

 

こんなの使ってシガーソケットを隠します。

 

電源の接続が終われば、ルームミラー部分までの配線。

 

 

Aピラーを外して既存のハーネスなんかに沿わして固定。

 

天井の隙間に配線を隠していきます。

 

 

あとは、ドライブレコーダー本体を固定し、外した部品をモノに戻せば完成。

 

セレナの場合、ワイパーのふき取り位置が低いので、ドライブレコーダー本体の取り付け位置は注意しましょう。

 

配線が見えるの嫌だからって上の方に取り付けると、ワイパーが拭き取らないガラスばっかり写ってきれいな映像じゃなくなる可能性あります。

 

ただし、下に取り付けすぎると車検に通らなくなるので、フロントガラスの貼り付け可能範囲も守ってドライブレコーダーを固定しましょう。

ドライブレコーダー本体に記載があるので説明書読んで作業を始めましょう。

 

日産車は茶色のオプションカプラーがあるので、それが見つかれば電源探しに悩むことはないです。

 

参考になったら一発クリックお願いします!!クリック⇒
「いいね!」「ブックマーク」等もよろしく・・・


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ