今回は、新型プリウスのミラー型ドライブレコーダー取り付けの話。

ちょこちょこ新型(50系)のプリウスも作業するようになりましたので今回はドライブレコーダー取り付けの情報です。

 

ミラー型ドライブレコーダーの取り付け

ルームミラーと一体になったドライブレコーダーですが、普通のガラスに張り付けるタイプと作業工程は変わらないです。

 

50purius-mirrordrive-recorder01

 

アクセサリ電源取ってAピラー、天井裏を配線すれば終了。

新型プリウスは前にお知らせしたようにセンターコンソールのシガーソケットからアクセサリー電源を取得。

新型プリウス(50プリウス)のシガーソケットのパネルの外し方

しかし、新型プリウスはセンターコンソール前部とダッシュボードが離れてる為、そのままでは配線が見えてブサイクなのでカーペットの下を配線することにします。

 

シガーソケットまでの配線の取り回し方法

まずダッシュボードのセンター下部分のパネルを外します。

 

1番の部品を車両後方に外し、2番を横方向へ外します。

1番の部品は運転席側だけを後方へ外すくらいでOKです。

2番のパネルを外したいだけなので。

50purius-mirrordrive-recorder02

50purius-mirrordrive-recorder03

次は、センターコンソールのカップホルダーの部分。

この記事で紹介してます。

新型プリウス(50プリウス)のシガーソケットのパネルの外し方

 

次に、カーペットの下を配線するので配線通しの棒を利用します。

 

※知りたい方はこの記事読んでね

持ってる・知ってると便利なアイテム一覧

 

最初に外したパネルの位置を目指してセンターコンソールのカーペット下に棒を通します。

 

50purius-mirrordrive-recorder04

 

この棒なら簡単に通せました。

 

50purius-mirrordrive-recorder05

棒に電源線を巻き付けて引っ張って配線していきます。

 

シガーソケット裏はこんな感じで、赤線がプラス、白/黒線がアースですね。

50purius-mirrordrive-recorder06

 

ただ、シガーソケットの真後ろまで配線するのは面倒だったので途中の所でアクセサリー電源を取得しました。

配線をたどって良さそうな位置で。

50purius-mirrordrive-recorder07

 

ビニールテープ巻いてるので外すと赤線、白/黒線もありました。

 

50purius-mirrordrive-recorder08

 

今回はこの部分からドライブレコーダーの電源を取得してみました。

 

ちなみにこの配線をたどっていくとダッシュボードのセンターの下に入ってるので、うまくできれば1番の部品と2番の部品を外したところでアクセサリー電源取得できるかもしれませんよ。

 

配線は縦に走ってる鉄骨の横を上に上がっていってました。ちょっとやりにくそうですがもしかしたら・・・。

 

アクセサリー電源を取ったらドライブレコーダーまでの配線ですが、新型のプリウスからAピラーのクリップの形状が少し変わってるみたいですね。

50purius-Apillarclip

 

本来はニッパーなどでカットして新品に交換する部品だと思います。

でもうまくやれば外せるので再利用です。

 

今までは90度回してピラー側から外せましたが、今回のは抜け防止のツメみたいのが4方向にでてるのですんなり外れませんでした。

私は、ボディ側のツメ2か所を解除して外してみました。細いマイナスドライバーとかでツメを押せば意外と簡単に外せます。

 

あとは、天井の裏に押し込んで配線をキレイに固定して、元に戻せば完成です。

 

ミラータイプのドライブレコーダーならユピテルがおススメですね。格安ドライブレコーダーは色々と心配です。
ユピテルミラー型ドライブレコーダー【楽天市場】




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。