今日は、新型シエンタのドライブレコーダーの取り付けの話。

早速新型のシエンタにドライブレコーダーを取り付けたのでその時の方法の一部を紹介します。

と言っても、基本的な接続方法なので助手席側のルームミラー裏当たりに本体で写真のような配線の取り回しです。
sienta00
ピラーを外して配線して、今回は助手席側にシガーソケットがあったのでそこからアクセサリー電源を拝借してます。

ちなみにシガーソケットに直接さすのではなく裏から電源取り出しです。
sienta01
助手席のアッパーの小物入れがネジ止めなので外して小物入れを外します。ETCが付いてたのでちょっとやりにくい・・・。
で、右側にシガーソケットの配線があるのでそこから電源取ります。
sienta02
シガーソケットのコネクターは外れないですが手探りでソケットの裏につながってるのが確認できます。
sienta03
保護してるコルゲートチューブをカットして電源とアースを繋ぎます。
sienta04
電源の接続が終われば、ドライブレコーダーのソケットを接続して配線を隙間にでも固定して元に戻せば終了です。

ちなみに、シガーソケットの裏に接続したソケットはコレ

これをシガーソケット裏の配線に接続して、電源を裏取りして見た目スッキリさせています。

やっぱりシガーソケットにブスッと刺してるのって見た目がねぇ~

注意点としては、あのエーモンのソケットは抜けにくいようにロックが付いててるんですが、相手側のソケットの形によってはロック部分が邪魔でソケットが刺さりきらないケースがあるんですよね。
しっかりと刺したつもりでも電源入らないとか・・・。その時はロックのプラスチック外すとか臨機応変に対応しましょうね。