ホンダフリードGB5、GB6のホーン交換・取り付け

スポンサーリンク

今日は、ホンダフリードGB5、GB6のホーン交換の話。

 

今回、新型のフリード(2016年9月(平成28年9月)~)に取り付けたホーンは

 

 

DENSO JHORN POWER’Dってやつ。

DENSO JHORN POWER’D【楽天市場】

 

で、新型のフリードもバンパーを外しての作業。

 

構造で特に変わったところはないので、グリル上のクリップ等々、バンパー固定してる部品を取り外します。

 

今回の車両では、ナンバープレート奥に純正ホーンが1個ついてました。

 

DENSO JHORN POWER’Dはステーを回転できないのでここへの取り付けは不可です。

ステーを回転できるホーンなら1個付けれるかも・・・

 

右側のフェンダー部分に1個

 

ウォッシャータンクなどが邪魔で他のスペースがないので、もう1個は左側へ

 

 

左側もネジが切られてる部分があるのでそれを利用して固定。

 

左右に振り分けたので、配線がちょっと面倒。

 

 

右側のホーンはこんな感じ。取り付け位置が低くなってるので水の侵入がちょっと心配・・・

 

 

左側はこんな感じ。

 

そのままボルトで固定すると干渉するのでワッシャーを入れてステーを曲げてフレームに干渉しないようにしてます。

 

あとは、バンパーを元に戻して完成。

 

今回はこんな感じにしましたが、他の部分にも付けれるかもしれません。

あと、フォグランプなどが付いてない車両でスペースがありましたが、もしフォグユニット等がある場合は干渉するかもしれませんので、スペースがあるか確認して取り付けしましょう。

 

いつもの⇒ミツバサンコーワ アルファー2コンパクト HOS-04G【楽天市場】だともう少し楽かな・・・

 

参考になったら一発クリックお願いします!!クリック⇒
「いいね!」「ブックマーク」等もよろしく・・・


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ