ベンツEクラス(W212)レーダー取付のアクセサリー電源取得

スポンサーリンク

今日は、ベンツEクラス(W212)のレーダー取付の為のアクセサリー電源の取得の話。

最近の外車はアクセサリー電源とか複雑な車がありますね。

シガーソケットも変な電気の動きしたりと・・・。

今回の車は、ベンツのEクラス。顔はこんなの。

W212になるのかな。ちゃんと見てないけど・・・。

平成25年5月以降のモデルはこの顔つき(セダン)になってるみたいですね。

今回作業した車は、平成27年くらいだったかな。

今回の作業も年式で仕様変更あるかもしれないので参考程度にご覧ください。

で、ネットなどを調べてるとエンジンルームのヒューズホルダーから電源取ってるとの情報がありました。

過去のSクラスなんかもエンジンルームのヒューズからアクセサリー電源取れて、ヒューズボックスから運転席足元まで配線が簡単に通せたので楽でした。

今回のEクラスも同じパターンかな・・・。と思ってエンジンルームのヒューズを物色。

といっても、ヒューズの配列がわからない・・・。

国産だと蓋に書いたりしてるんですけどね。ベンツは何も書いて無く、取説にも記載なし。

トランクの車載工具の所に紙があるからそれを見てね!!と。

ヒューズの配列を眺めながら、どれがいいのかな・・・。

ネットで検索したエンジンルームのヒューズの位置ではなんか怪しそうなヒューズから取得されてたので却下です。
コンピューターとかのヒューズから取ってたかな・・・。

で、ヒューズの番号が若い数字をチェック。

【ソケットフロント】って表示を発見。同じ位置に71番のヒューズもあるのでそちらもチェック

71番を調べると【シガーライター】の文字が。この71番のヒューズの場所はトランクです。

で、エンジンルームの9番もシガーライター関係の電源かな?と思って電源チェック。

ちゃんとアクセサリー電源(ACC)と同じように反応して電気流れてくれました。

という事で、エンジンルームの9番のヒューズからACC電源取得です。

電源の取り出しはカービーコンを使用⇒ カービーコン

あと、レーダーの裏取り配線をちょっと加工・延長して、エンジンルーム側にレーダーのヒューズを持ってきときます。

室内への入線はいつもの配線通し棒を使用しました。

車内のダッシュボードの横のパネルを外すとちょうどそこに棒が出てきたのでラッキーでした。
運転席周りの内装も外さずに、横パネルだけでなんとか作業できました。

アースはダッシュボードを固定してるボルトに元々別の用品を取り付けてあったのでそれを利用。
ボルトも太いのでかなり固く閉まってるかと思いきや普通に緩みました。

あとは、本体の固定と余り配線の処理などなど。

チェックランプ等も付くことなく作業完了。

今回のエンジンルームの電源位置も年式でどうなってるかわかりませんのでご自身でちゃんと調べましょう。

一番無難なのはトランクにあるシガーライターのヒューズなのかな・・・。

あと、フロントのシガーソケットの部分のばらし方がわかればそこからでもいいかも。

どこから電源取るのが安全でかつ作業時間がかからないかを見極めるのが大事かな。

参考になったら一発クリックお願いします!!クリック⇒
「いいね!」「ブックマーク」等もよろしく・・・


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ