今回は、ヒューズホルダーからの電源の取り出し方のポイントについてのお話

カー用品を取り付ける時に一度はやった事があるヒューズからの電源取り出し。簡単にできるし安全な方法です。

このヒューズから電源取り出し方法でもいくつかポイントがあります。

例えば、こんなの使って取り出す場合。

この車の場合、ヒューズの上の端子が入力でヒューズを通って下の端子から出力されて車両へと電気が流れるとします。

fuse01

そこで、あの電源取り出しパーツを使った時に、この接続(配線が上にくる向き)と

fuse02

この接続(配線が下にくる向き)で

fuse03

どちらがいいのか?
まあ、どちらでも電源の取り出しはできるのでどっちでもいいんですが・・・。ってことでは済まなくて、取り付けるカー用品でどっちがいいのか考えた方がいいのかな?と思います。

例えば、わかりやすいシガーライターのヒューズから電源を取るとします。取り付けるカー用品は、新品のETC。

この場合、『配線が上にくる向き』で取り付けると、ヒューズの入力側から電源を取ります。ヒューズを通る手前からの取り出しです。
一方で、『配線が下にくる向き』で電源を取ると、ヒューズの出力側から電源を取ります。なので、ヒューズを通った後から電源を取ることになります。

もしも、シガーソケットを使っててトラブルでヒューズが切れた場合どうなりますか?

ヒューズを通った後から取り出してると、ETCの電源も落ちます。
ヒューズを通る手前から取り出してると、ETCは動いています。

どちらがの方がいいのかは考えてください。ただし、ETCにはヒューズが付いてる事が前提です。

 

このように、ちょっとした取り付けの意識だけで動作が変わってきます。出来るだけ電源のトラブルを少なくしたいような商品(ETCとかレーダーとか)の場合は、商品のヒューズ切れ以外の電源供給トラブルは減らした方がいいですね。

 

ついでに、電源の取り出し部品を持って無い場合。

空きヒューズの端子で欲しい電源が来ていれば、平潟端子等を使って電気を拝借することも可能です。

fuse04

この場合も用品にヒューズがある事が必要です。もしなければヒューズを必ず取り付けましょう。

注意点としては、入力してくる車両側の容量がどんなものなのか?がわからないことかな。

まあ、レーダーやETC、ドライブレコーダーくらいなら拝借しても問題ないでしょう。

 

あと、見た目をこだわるなら、ヒューズボックスの裏側から配線を見つけて取り出すなんてのもあります。

ヒューズボックスに入力している太い配線を見つければ、あまり容量を気にしなくても大丈夫です。

この場合は、配線の被覆を剥いて直接接続がいいです。ハンダで付けるのが確実ですが、ハンダが無理ならスプライスですね。

これで配線の被覆を剥いて、電工ペンチで圧着します。

一番ダメなのが、配線剥いてクルクルって巻きつけるだけの取り付け。時間が経つとゆるくなって接触不良とか起きる場合があります。

キッチリとした取り付け方法をしないとトラブルのもとになります。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。