今日は、パイオニアのTVM-PW900を80VOXYに取り付けてみた話

パイオニアから発売されているプライベートモニターTVM-PW900を80のヴォクシーに取り付けてみたので取り付け方法を書いておきます。

プライベートモニターってどんな商品??

プライベートモニターって名前になってますがいわゆるヘッドレストモニターですね。

 

voxyhrm01

 

一般的なヘッドレストモニターは、モニターの位置は運転席と助手席の間くらいになりますがこのモニターはそれぞれの座席の真後ろです。

 

だから、プライベートモニターなんでしょう。

 

で、今回はこのモニターを左右に装着です。ちゃんと2台セットの商品も販売されています。

 

で、取り付け方法は左右で一緒なので、片側だけ紹介。

プライベートモニターTVM-PW900の取り付けのポイント

基本的な流れは、ナビ裏で電源を取ってナビの映像出力信号線を繋いでシートまで配線。

 

これだけなので単純ではあります。

 

でも、やっぱり綺麗にしたいよね。となると、配線を隠していく作業が必要です。

 

とくにシートの部分はどうしよう・・・。

 

で、今回80ヴォクシーにTVM-PW900を付けるのにシートの中を配線したのでそこだけ紹介します。

 

80ヴォクシーのシート内配線の方法

まずは、シートに背もたれ部分の作業スペースの確保。

 

背もたれの生地はシート下でゴムで固定されてるので外してめくります。

 

すると針金でシートカバーが固定されてるので針金を曲げて外します。

 

voxyhrm02

 

あとコンビニフックも外した方がいいですね。プラスチックのツメを解除すれば外せます。

 

次に、ヘッドレストを外してヘッドレストのベースの部分を外します。

 

ヘッドレストの軸受けの部品が外れない

ところが、背もたれのめくった部分から手探りでヘッドレストの軸受けのパーツを外そうとしましたが、どうも外れなさそうです。

他の車でもありましたが、最近の車はなんか外れなくしてるのかな・・・。

voxyhrm03

 

この部分が外れるとシートの中を配線するのも意外と楽なんですが、外れないので別の方法でチャレンジ。

 

シートの生地とウレタンの隙間に長いタイラップを通してモニターのケーブルを引っ張ってこようという作戦。

voxyhrm04

別にタイラップじゃなくてもガイドになる棒でもいいともいます。

いつもの棒でもいいと思ったけど、持ってる棒が長すぎたので長いタイラップを使用。

シートの下まで行かないとダメなのでタイラップには、ひも代わりの配線を結んでます。

voxyhrm05

なんとか下から手を突っ込んだりゴニョゴニョしながら背もたれの中を通します。

voxyhrm06

シートの下までタイラップと引っ張る配線がでてきたら、それにモニターのケーブルをつないで引っ張り上げていきます。

 

この時注意するのが強く引っ張らない事

 

まあ、わかると思いますがしっかりつないでないと抜けますから・・・。

あと、モニターのケーブルの先はコネクターになってるのでそこが破損したら大変なことになるので注意しましょう。

 

voxyhrm07

ヘッドレストのベースの周辺は隙間もないので結構大変です。

無理に引っ張らずにシート生地とウレタンに隙間をうまく作りながらケーブルを通します。

ウレタンなので押せば凹みます。無理せず頭を使いましょう。

 

voxyhrm08

 

ここまで配線ができるとあとは取り付け説明書をみながらモニターの固定と外した部品の復元。

このパイオニアのプライベートモニターTVM-PW900の良いところは、配線がスッキリするところかな。

 

voxyhrm09

 

通常のヘッドレストモニターだとケーブルがモニターに差し込み形になるので、モニターのアームの横をケーブルがダランとたれたりします。

でも、プライベートモニターTVM-PW900はヘッドレストに固定するベース部分にケーブルを繋ぐため、モニターの部分はスッキリしています。

ベースの部分でケーブルはきつく挟まれてる感じもしなくもないですが・・・。

ナビ裏などの前回りの作業も終わらせたら、電源投入。

国会中継やってました・・・

モニターのベースはブルーにに光ってオシャレです。

voxyhrm10

 

今回のまとめ

プライベートモニターTVM-PW900って普通のヘッドレストモニターと比べるとどうなのかな?

あの位置の方がフリップダウンよりも見やすい気もしますね。

 

とりあえず、80ヴォクシーでプライベートモニターTVM-PW900をシートの中の配線で取り付けできたので、80ノア、80エスクァイアでも同じことできるでしょう。

 

ただ、気を付けたいのがヘッドレストの軸のガイドの部品が外せなかったこと。

 

モニターのケーブルの先端(コネクター)が大きいとどうなんだよう・・・

ヘッドレストモニターもいくつか販売してるので厳しい商品もあるかもしれませんね。

無理してあの部分で線引っ張ってコネクターつぶさないようにしましょう。

 

ヘッドレスの軸受けば外せると問題ないけど・・・

もし無理そうなら諦めてシートの外をだらりと配線するしかないかもしれません。

その見た目が嫌なら、シートカバーで隠すかな・・・。

 

 

 




最後まで読んでいただきありがとうございます。

役に立った!!

と感じた方は以下のバナーをポチッとクリックしていただけると
今後の励みになります。

ブログランキング参加中です。