トヨタタンクにアルパイン9インチナビ&バックカメラ取り付け

スポンサーリンク

今日は、トヨタタンクにアルパイン9インチナビとバックカメラ取り付けの話。

 

純正バックカメラなしのトヨタタンクにアルパインの9インチナビX9Z-TR-NRとバックカメラを取り付けした際の情報です。

 

 

トヨタタンク用のアルパインの9インチナビは、

タンク/ルーミー専用9型カーナビ ビッグXプレミアム パノラミックビューカメラ対応
X9Z-TR-PM【楽天市場】

X9ZA-TR-PM【楽天市場】

タンク/ルーミー専用9型カーナビ ビッグXプレミアム ナビレディパッケージ対応
X9Z-TR-NR【楽天市場】

X9ZA-TR-NR【楽天市場】

の4種類あります。しかし純正バックカメラ付き用。

このアルパイン9インチナビに社外品(アルパイン)のバックカメラを付けてみました。

 

純正カメラが付いてないのでナビはナビレディパッケージ対応の安い方。

 

それに、アルパインのバックカメラHCE-C1000【楽天市場】の組み合わせです。

 

9インチのナビの取り付け方法は説明書が入ってるので省きます。

問題になるのが、バックカメラです。

専用の取り付けキットも販売されてなかったので加工して取り付けることになりました。

 

取付位置は純正の位置です。

 

 

カメラブラケットが赤丸の位置に固定されているので、カメラブラケットをうまく加工してアルパインのRCA対応のバックカメラを取り付けします。

 

 

ブラケットの真ん中くらいに、バックカメラの裏の形状に合わせて穴あけ加工。

 

こんな感じで、ブラケットの裏を加工出来たら次に固定。

 

そのまま接着剤で貼り付けようかと思いましたが、取れたら嫌だったのでネジでカメラを固定する事に。

 

カメラのネジの部分に合わせてブラケットに穴あけ。ネジの頭が当たるので横も少し削ってます。

 

裏から、カメラ付属のビスを使ってしっかりと固定できました。

 

最後は防水処理。ブチルで塞いでしまいました。

 

リアゲートに固定。

 

まあまあいい感じかな。

 

次の作業が、配線の取り回し。

 

最近流行りの樹脂タイプのリアゲートなので開口部がありません。

 

配線通しの棒を使って、図の緑のラインのように配線します。

袋状なのでこの作業が大変です!!

ついでにボディへの入線部分はカプラーになってます。

これも分解しないと、室内への入線は無理。

 

カプラーをホルダーから分離させて隙間から入線です。

 

ゲート内の入線は奇跡的に熱線のグロメット部分に棒が出てきたので、2回に分けて通すことができました。

 

 

 

 

この配線の作業がどれだけうまくいくかで、作業時間はかなり変わってしまいます。

今回は奇跡的に2回に分けて入線できましたが、通せない時はいつまでたっても通りません。

もしかすると、1時間2時間とこの部分に時間を取られる可能性もあります。

 

いつも使ってる配線通し棒でやっとできた感じです。

 

室内の配線方法はドアもゴムモールを外して天井を這わせていけばいいので楽です。

ナビ回りも特に難しいことはないです。

ナビに写ったバックカメラの画像はこんな感じ

 

ナビのバックカメラの設定は

 

「カメラあり」を選択

取り付け時、9インチナビの取付説明書では、「パノラミック」と「ナビレディパッケージ」の話しか書いてなかったのでRCAタイプなどのカメラは付けれないのでは?

なんてことも考えてましたが、ナビの設定画面でカメラありが出たので一安心でした。

HCE-C1000Dがでてるからこれもいけるのかな・・・

適合とかは変更されるかもしれないので、最新の適合表やメーカへの確認もしておきましょう。

 

 

純正のバックカメラはこんな感じで付いてます。

 

同じような感じでした。

 

こんなかんじで、後付けのバックカメラとアルパインの9インチナビの接続が無事にできました。

 

今回の作業のポイントは、カメラの固定方法とゲート内の入線です。

 

カメラ本体の裏に固定ネジ穴があれば、配線用の穴とネジ穴加工でしっかりと固定できるかな。

でも加工は簡単じゃないですが・・・。

 

トヨタタンクのバックカメラ取り付けはできなくはないですが手間がかかります。

ルーミーやトールも同じでしょう。スバルは何だっけ・・・

参考になったら一発クリックお願いします!!クリック⇒
「いいね!」「ブックマーク」等もよろしく・・・


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ