トヨタカローラフィールダーにバックカメラを付けました。

スポンサーリンク

今日は、トヨタのカローラフィールダーのバックカメラ取り付けの話。

トヨタのカローラフィールダーにバックカメラを付けましたが、新しいフィールダーはリアゲートが樹脂製だったんですね。

知らなかった~

という事で、リアゲートが樹脂製なので大変です。

バックカメラの取り付け位置は当然純正の位置

カメラのカバーが元々付いてるのでそれを外して加工。

これが1つ目の難関。加工が大変でした。

カメラのカバーが小さめなので内側から結構削ってます。全く入りません。

ただ、削りすぎるとカメラの固定ができないし、防水の問題もあるので大胆に加工はできません。

ガーニッシュの穴も小さいのでカメラの角度とか大きさとか頻繁に合わせてみながら加工してます。

カメラ本体とカバーは、接着剤とホットボンドで固定。

念のため防水対策もします。

ちなみに、カメラはパイオニアのカメラです。

2つ目の難関がバックカメラの配線。

樹脂ゲートなので裏の一部分しか外せません。

内張り外せないけど上図のようにゲートの中を配線します。

ハイマウントストップランプの位置まで開口部がないので大変です。

カーブしてる部分から距離がありすぎます。

でも、この難しい配線を助けてくれるのがいつもの棒。


【アマゾンで買えます。画像クリック!】

真っ直ぐのままだとカーブしてる部分は通らないのであらかじめ曲げてクセを付けておきます。

この棒曲げても折れにくいから大丈夫です。

ハイ!簡単に通ります!!

とは行きませんでした。

やっぱり大変です。曲げが足りないとカーブの部分で刺さってしまいます。

うまく曲げてカーブの所をクリアしないと何時まで経っても配線は通せません。

開口部からも手は置くまで入らないし時間だけが過ぎていきます。

この棒なかったらどうしよう・・・って思います。

棒が通ったらあとは簡単に配線できると思ったけどゲートとボディを繋ぐ蛇腹のチューブがカプラータイプになってました。

これまたカプラーを分解しないとカメラ配線のコネクター部分が通らないです。

構造確認してカプラーの一部を分解し無事にゲートから車内への配線終了です。

あとは、ナビ裏へ行けばバックカメラの取り付けは終了。

はっきり覚えてないですが、2時間近くかかった気がします。

カメラの固定にフィールダー用のカメラブラケットがあればもっと楽だと思います。

販売されてるか知らないけど・・・。

あとは、いつもの棒のおかげです。

最近樹脂ゲート増えてるからあの中を配線するの大変ですよね。

車両の配線を使えるようにナビメーカーもパーツ出してほしいな・・・。

ちなみに、作業は通常よりも困難なので工賃ちょっと高いです(-_-;)

参考になったら一発クリックお願いします!!クリック⇒
「いいね!」「ブックマーク」等もよろしく・・・


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ