スペーシアカスタムZ(MK42S)のホーン交換

スポンサーリンク

今日は、スペーシアカスタムZのホーン交換の話。

新型のスペーシアのカスタムZのホーンです。型式はMK42Sかな・・・

 

スペーシアカスタムZもバンパーを外してホーン交換をしました。

前のモデルと構造はあまり変わってなさそうです。

 

グリルの上のクリップやネジを外して

 

 

ナンバープレートを外した裏にクリップ1個

 

 

あとはバンパーの底面、フェンダーのクリップ、ネジなど外します。

 

純正のホーンはこれ

 

 

前のモデルとは固定してる場所が変わってます。

 

で、今回取り付けたホーンはいつものこれ⇒ミツバサンコーワ アルファー2コンパクト HOS-04G【楽天市場】

 

アルファー2コンパクトの取り付け場所は、右のヘッドライト下

 

何か所か鉄板に穴が開いてるので、その穴を利用します。

いつものように裏からボルトを通してナットで固定しておきます。

ナットで固定してるのはスペーサーの代わりみたいな感じです。

 

アルファー2コンパクトはホーンのステーが回転できるので下図のような位置で固定しました。

 

 

右側に付けたホーンは、ボンネットオープンのケーブルが横を通ってるので干渉しないように曲げてます。

 

 

もう一つのホーンも周りに干渉しないように取り付け

 

 

ホーンの固定ができればホーン配線を作成です。

元々ホーンが付いていたボルト位置でアースを取って、電源とアースを伸ばしてホーンに接続

 

 

ホーンが鳴るのを確認してバンパーを戻したら完成。

 

スペーシアカスタムZ(MK42S)のホーン交換も特に注意しないといけない事は無さそうですが、ホーンの種類によっては私が付けた位置で無理なのもあるかもしれません。

 

元々純正ホーンが付いていた位置に1個付けれるかもしれませんが、ホーンの開口部を下に向けたり、熱の事を考えると別の場所がいいかも・・・。

 

 

参考になったら一発クリックお願いします!!クリック⇒
「いいね!」「ブックマーク」等もよろしく・・・


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ